社員紹介

社員紹介

神野彩藻

神野彩藻
Kono Ayamo

社長室/マーケティング担当

社長室のマーケティング担当として、常に最前線を走り続ける神野さん。オンラインマーケティングという移り変わりの激しい分野で常に前線に立ち挑戦し続けるそのパワーは、はたしてどこから湧いてくるのでしょうか。

サンウェルに入社しようと思ったきっかけは何ですか?

私が新卒で入社した会社は、インターネット広告の会社でした。やりがいを持って毎日楽しく仕事をしていましたが、経験を通じた自己成長をする中で職務範囲の狭さに物足りなさを感じるようになりました。結婚という大きな節目を迎えたタイミングで、自分の力でプロジェクトを進められるような裁量のある会社に転職しようと決意して、そこで出会ったのがサンウェルでした。

実際にサンウェルでは理想的な働き方ができていますか?

そうですね、自分が思っている以上に理想的な働き方ができていると思います。入社前には、ホームページの運用や展示会出展などがメイン業務と聞いていましたが、実際入社してみるとBtoBのマーケティングだけではなく、採用マーケティングの業務をしたり、マーケティング戦略や経営企画に近い分野の仕事もあります。毎日のように新しい勉強が必要で大変でもありますが、マーケティング担当として幅が広がる実感があってとても楽しいです。

その積極性はどうやって身につけたのですか?

自分の職務に関連しそうなことに対しては、「それってどういうことですか?」と、一歩深堀りして聞いてみることを常に意識して行動しているからだと思います。子どものころから自分のやりたいことは自分でやるをモットーにしていたのも大きいと思います。日本のよさこいを海外でも披露したいと思い、団体を立ち上げてネパールへ公演旅行を行ったこともあります。日常生活の中から意識していくことが、結果的に業務にもよい影響を与えているのだと思います。

“Flexibility”というサンウェルのValueを実感することはありますか?

海外出身の方が入社することはもちろん、他社でキャリアを積んできた50代の方が新しい挑戦を求めて入社することもあります。さまざまなバックグラウンドの人がいることは、一見、まとまりを欠くような印象を受けるかもしれませんが、新しい刺激を与えてくれたり、新しい何かに気づかせてくれたりと、良い意味でうまく機能していると思います。皆さん、知識の引き出しを多くもっているので、自分のブラッシュアップにもなり非常に面白いですね。

サンウェルに入社しようか迷っている人に一言お願いします。

サンウェルは、「とりあえずチャレンジしてみよう」という気持ちを持っている人には、非常に面白い経験をさせてくれる会社です。もしあなたが「自分の想像から一歩踏み出した世界」を体験してみたいと思うのなら、ぜひサンウェルで一緒に働きましょう。あなたの想像を超えた世界が待っています。

社員紹介一覧
エンジニア活用・採用・育成のコツ

〜サンウェルナレッジ〜