エンジニア採用にはコツがある|採用のポイントから採用方法まで詳しく解説

エンジニアの採用コツ_アイキャッチ

優秀なエンジニアを獲得するためには、ポイントを押さえて計画的に採用活動を進めていく必要があります。採用活動におけるポイントから、エンジニアの採用方法、おすすめの採用サービスまで詳しく紹介していきます。

●優秀な人材を採用するために押さえておくべきポイント

優秀な人材を採用するためには、闇雲に採用活動を行うのではなく計画的に採用活動を進めていく必要があります。採用活動のポイントを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

◎ペルソナを設定する

優秀な人材を採用するためには、事前にペルソナ設定を行ったうえで採用を進めていく必要があります。ペルソナとは企業が求める人物像のことで、ペルソナを設定することで採用活動を効率的に進めていくことができニーズにあった人材を採用しやすくなっています。

求めるスキルや必要な経験、組織での役割などを洗い出し、採用したい人物像を明確にしていきましょう。また、ペルソナを設定する際は採用担当だけで決めるのではなく、配属部署の担当者の意見も取り入れることが非常に重要です。実際に現場で働いている人にしかわからないこともあるので、ニーズの相違が生まれないように採用担当と現場担当でしっかり意見のすり合わせを行っていきましょう。

◎採用条件を厳しくしすぎない

自社にあった人材を採用するために採用条件を設けることは大切ですが、採用条件を厳しくしすぎると人材が集まらない可能性があるので注意が必要です。

日本では少子高齢化が進み、労働人口は減少の一途を辿っています。採用が厳しい状況の中、過剰に採用条件を厳しくしてしまうと貴重な人材の取り逃がしにつながりかねません。他社の動向や業界の流れにも注意を払いながら、厳しすぎない条件で採用を進めていきましょう。

◎採用コストを決める

人材は優秀であれば優秀であるほど採用競争率も高く、それなりの採用コストが必要になります。求める人物のクラスに合わせて、採用費用を事前に設定しておきましょう。例えば、一般的な社員であれば求人を出せばある程度の応募が来る可能性がありますが、スキルも経験も豊富な役員クラスの採用は条件を満たしている人物が少なく応募が集まりにくい可能性もあります。求人を出すだけで効果がないときは、エージェントの活用など他の採用手段も検討する必要がありコストが増すことが考えられます。また、短い期間で採用を終わらせたい場合も、多彩な採用手段を使ってとにかくすばやく人材を集めていく必要があるためそれなりのコストがかかります。採用にかけられる期間と求める人物の希少性を考慮して、採用費用を決めていきましょう。

◎社員が働きやすい労働環境をつくる

採用を成功させるためには、優秀な人材に自社を選んでもらえるよう企業も努力していく必要があります。特に近年では働き方改革が進んでおり、残業の廃止や副業の許可など社員が働きやすい環境作りに取り組んでいる企業が多くなっています。労働環境が整備されていないと労働者から懸念されてしまい、求人を出しても応募が集まらない可能性があります。また、入社に至ったとしても、すぐに退職してしまい社員が定着しないことも考えられます。優秀な人材に「この会社で働きたい」と思ってもらえるように、社員が働きやすい労働環境を整えていきましょう。

●ITエンジニアの採用方法

ITエンジニアの採用は「求人媒体」や「人材紹介企業」「ハローワーク」などを活用して行えます。また、国内の人材不足が深刻化している中、外国人採用に乗り出す企業も増えています。自社にあった方法で、採用活動を進めていきましょう。

◎求人媒体の活用

求人媒体を活用した手法では、求人広告を求人サイトなどの媒体に掲載し募集を募っていきます。また、必要となる費用は「掲載広告型課金」を選択するか、「成功報酬型課金」を選択するかによって変わってきます。「掲載広告型課金」は成果の有無に関わらず、求人広告を掲載する期間に応じて費用が発生します。何人採用したとしても費用は一律なため、採用活動の予算を組みやすくなっています。「成功報酬型課金」は採用が成立すると費用が発生する仕組みになってり、採用が成立しない場合は無駄な費用を支払う必要はありません。

◎人材紹介企業

人材紹介とは人材会社が、就職を希望する求職者と採用を希望する企業をマッチングしてくれるサービスのです。人材会社の担当者に希望を伝えれば、採用条件に見合った人材を紹介してもらえるので手間をかけずに採用活動を進められます。特定の業界に特化して人材派遣を行っている会社も多く、ピンポイントで人材を探しやすいのも人材会社を活用する魅力の一つとなっています。非公開求人として採用活動を行えるので、採用活動を行っていることを知られたくない場合にも有効な採用手段となります。

◎ハローワーク

ハローワークは厚生労働省が運営する就職支援サービスです。利用に料金がかからないため、コストをかけずに採用活動を行えるのは嬉しいポイントです。インターネットでの求人検索にも対応しており、応募は全国から募ることが可能です。ただし、ハロワークの求人票はフォーマットが決まっているうえに自由記述のスペースも少なく、自社をアピールするのが難しくなっています。他社との差別化が難しい中での採用活動になるという点は、頭にいれておかなければいけません。

◎外国人の採用

少子高齢化により日本国内の労働人口が減少している中で、外国人の採用に目を向ける企業も多くなっています。外国人採用に特化した求人サイトや人材会社も多数あり、採用は問題なく行えます。また、人材会社によっては、外国人採用でネックとなるビザの手続きなどのサポートも併せて行っています。初めての外国人採用で不安があるという企業の方でも、サポートの充実した人材会社を選べば安心して採用活動を行えます。

エンジニア採用でおすすめの企業3選

●ITエンジニアの採用におすすめの人材紹介企業3選

エンジニアを採用に特化した、おすすめの人材サービスを紹介します。エンジニアに特化しているため、効率よくターゲットにあった人材を探しやすくなっています。

◎レバテックキャリア

レバテックキャリアはITエンジニアとデザイナーに特化した転職エージェントとなっています。業界歴は15年以上にのぼり、新卒採用から中途採用、派遣、フリーランスと多彩な雇用形態に対応しており、ニーズにあった人材を採用できます。インフラエンジニア、webエンジニアなど職種別に専門のチームを組むことで高いマッチング力を実現しています。

◎TECH CAMP

TECH CAMPはITエンジニアの採用に特化した人材紹介サービスです。まだ若い企業ですが、その勢いはホンモノ。最短1週間で採用が可能となっており、スピーディーに採用を進めたいという企業に特におすすめです。webサービスの開発に必要なスキルを網羅している人材が多く、即戦力の人材が揃っているのも魅力です。丁寧に技術研修をしなくても、すぐに仕事に就いてもらえるので教育コストも抑えられます。

◎サンウェル

弊社もITエンジニアの人材派遣に特化した企業の1つ。

サンウェルが他社よりも優れいている点は3つあります。

①圧倒的な人材クオリティ

②日本企業向けに特化した外国人エンジニアの人材派遣

③面倒な手続きはすべて丸投げOK

~①圧倒的な人材クオリティ

インド人経営者のユガナンダンが長年に渡って海外に太いパイプを築き、世界で活躍できるレベルの高いエンジニアを多数抱えております。

海外に支店と連携し、なかなか見つからない特殊なスキルを持ったエンジニアもサンウェルなら紹介可能です。

②日本企業向けに特化した外国人エンジニアの人材派遣

サンウェルが紹介するエンジニアは、日本企業に数年務めたことがある人材や、現地の学校で日本文化と日本語を勉強している人材です。

なぜなら、いくら能力が高くても言語や日本の文化に馴染めず本来の力を発揮できないエンジニアが多数存在しているためです。

例えば、収入だけで日本に就労したエンジニアが、企業に馴染めずトラブルをお越して帰国してしまった、、、という残念な事例もたくさんあります。

日本についての事前理解があるサンウェルのエンジニアではそのようなトラブルは大変少なく、それは仕事への定着率の高さからも読み取れます。

他社エンジニアの離職率が30%だったのに対し、 サンウェルのエンジニアの離職率は19%にとどまっておりました。(2018年度)

~③面倒な手続きはすべて丸投げOK

サンウェルでは海外エンジニアを派遣する際に必要なVISAの申請や、エンジニアの住居手配まで全て対応いたします。なので、企業様は採用したいエンジニアが決まったら後は就労開始まで待っていればOKという事になります。

また、エンジニアの生活や仕事での問題のサポートを弊社のスタッフが担当いたしますので、エンジニアはより仕事に専念できる環境が整います。

これら③つのメリットは他社には提供ができないサンウェルの特徴になりますが、

もちろん他社よりも劣っている部分もございます。

例えば、人材の母数で言えば、先に紹介した2つサービスよりも大きく劣ります。

また、弊社は外国人エンジニアに特化しているので、日本人エンジニアを採用したい場合には他のサービスを検討される方が良いでしょう。

●まとめ

優秀な人材を獲得するためには、計画的に採用活動を進めていく必要があります。まずは、採用担当と現場担当でしっかり話し合い、ペルソナを設定しましょう。ペルソナを設定したうえで、求める人材のレベルや必要とする採用期間を基に、採用コストを考えてください。また、近年日本では労働人口が不足しており、採用競争は激化しています。優秀な人材を獲得するためには、企業も優秀な人材に選んでもらえるよう努力しなければなりません。人材が集まるように、採用条件は過剰に厳しくせず働きやすい労働環境づくりも心がけていきましょう。国内の人材では採用がうまくいかない場合は、外国人採用に目を向けるのも一つの手です。求人サイトや人材紹介サービスなど、採用活動をバックアップしてくれるサービスをうまく活用し採用を成功させましょう。