社員紹介

社員紹介

渡辺 千晶

渡辺 千晶
Chiaki Watanabe

社長室 コンサルティング企画部/部長代理

・ファースト異文化コンタクト
・香港の一角でインド文化と出会う
・インドの「なんでこうなるの!」をどうにかする
・「なるほどインド」セミナー

ファースト異文化コンタクト

中学生時代にクラスに中国残留孤児のお子さんが転校してきました。その子は日本語がほとんど理解できなかったため、漢字での筆談でコミュニケーションを楽しんでいたのですが、ある日私が“日中友好”と書いたのに対し彼は“中日友好”と書いてきました。その時に「あ、日本人の私から見たら“日中”だけれど中国出身の彼から見たら“中日”なんだな」と驚きました。それが「外国から日本を見る視点」を意識したはじめての体験だと思います。

香港の一角でインドと出会う

大学ではアジア経済を専攻。卒業後は英国から中国への返還を控えた香港で働き、主権国が変わるという歴史的にも重要な機会を体感しました。香港の九龍エリアには重慶大厦(チョンキンマンション)と呼ばれる古いビルがあり、安宿などが集まる一角にインドからの移民が集まる濃い空間がありました。そこで食べたスパイス満載のカレーやサリーの美しさに魅了され、初めてのインド旅行をきっかけにすっかり虜に。帰国後はインドの魅力を伝える仕事がしたいとインド専門のリサーチ・コンサルティング会社に入社し、コンサルタントとしての経験を積んだのちにサンウェルに移りました。

インドの「なんでこうなるの!?」を「なるほど!」へ

サンウェルではコンサルティング企画部に所属し、インドビジネスに関するコンサルティングやリサーチを担当しています。2027年にインドの人口は約14億人と世界1になると見込まれていますが、魅力的なのは人口の多さに加え“人口の約半数が25歳以下と非常に若い国”であることです。ITや工業化が進むにつれ所得も増加しておりマーケットは広がる一方。そのため世界がインド市場に注目しており日本も例外ではないのですが、相手はカオスの国インド。「なんでこうなるの!?」と思わされる場面に遭遇するのは他国の比ではないのです。

「なんで!?」から「なるほど!」へ

その「なんでこうなるの!?」をどうにかするのが私の仕事です。それには日本人の立場から一方的に理由や原因を追究せず、インド側に立って「なぜこの人は、こう言ったのか、行動したのか」を考えることが大切です。国籍が違う者同士がうまくやっていくためには、相手の文化や歴史を知りそれらを背景とする思考や行動パターンについて理解することが第一歩となります。そのコツをまとめた「なるほどインド」シリーズのセミナーの講師も担当していますので、ご興味がある方はぜひお声がけください。

「なるほどインド」セミナーシリーズ

・日本人が知っているようで知らないインド(初級編)
・インドと・インドでうまく働く新しい方法(上級編)
・ インド出張のコツ編
・インド駐在のコツ編
・ インド人材採用と活用のコツ編

2022年6月21日(火)15時~16時に横浜インドセンターと「なるほどインド インド駐在のコツ編」セミナーを共催します。Zoomですのでお気軽にご参加ください。
詳細・お申込み:https://sunwells.com/news/4430/

歴史を感じるインドが好き

インドではムンバイやゴアといった歴史が感じられる街が大好きです。新鮮な果物や山盛りのスパイスが並ぶ下町の市場や、100年近くの歴史があるという渋いカフェなど、1日中そこで過ごしたいぐらいですね。

職場近くのお気に入りスポット:

崎陽軒 中華街シウマイBAR店

崎陽軒のシウマイ弁当が好物で、サンウェルに転職が決まった時にも出勤ついでに弁当が買えると喜んだほど。横浜中華街のシウマイBARでは蒸したてのシウマイと一緒にビールも楽しめ、崎陽軒ファンにはたまらないお店です。

社員紹介一覧
エンジニア活用・採用・育成のコツ

〜サンウェルナレッジ〜